夫婦

オメガ3の実力はこんなものじゃない|細胞に直撃!

閉経前後に起こる現象

漢方

更年期障害は閉経前後の女性の多くが体験する症状でもあります。更年期障害の原因は女性ホルモンの一つであるエストロゲンが、体内で作られなくなることが挙げられます。自律神経も乱れるため、自立神経失調症との合併症状も確認されています。更年期障害の代表的な症状としてはホットフラッシュです。身体が常に火照ったり、尋常ではないくらい汗が出たりと言った症状が現れてきたら更年期障害と疑ってもよいかもしれません。人によっては日常生活に支障をきたすほど症状が重いこともあります。しかし、漢方やサプリを飲めばある程度の症状は緩和出来ます。特に漢方の場合は身体にとって全くリスクがありませんし安全性も高いので気軽に取り入れることができるメリットがあります。

更年期障害はホットフラッシュや頭痛は眩暈、そしてのぼせや火照りなどのような症状が現れます。症状には個人差があるので必ずしも同じ症状が出るとは限りません。また、治療が全く必要のないケースもあります。自然に症状が治まる人も多いのですが、症状が重い場合は通院する必要も出てきます。病院ではホルモン療法などを行うケースが多いのですが、身体に副作用が出ることもあります。症状が重くない場合は漢方などのリスクの少ない治療が向いています。漢方は通販や薬局でも購入できるものも増えてきました。ホルモンバランスを整えて症状を改善させることができます。更年期障害は一生続くものではありませんから、一時期の影響としてうまく付き合いながら生活しましょう。