婦人

オメガ3の実力はこんなものじゃない|細胞に直撃!

キノコや納豆の効果

血液

ヘモグロビンa1cの値が高いと高血糖になってしまうので、低カロリーな食材を使用して食生活を見直しましょう。また、レシチンが含まれている納豆を食べるのもいいでしょう。これは血糖値が上昇するのを抑えてくれるので、結果的にヘモグロビンa1cの値を下げてくれます。

エネルギッシュな毎日を

女の人

現代における慢性的な疲労、お酒の飲み過ぎにオルニチンは強い味方になります。運動中も疲れにくくなる効果もありますので人気のある成分です。しかし、アルギニンやリジンが含まれているサプリを選ぶと相乗効果が期待できるので、そういった商品を選ぶ事をお勧めします。

柔軟性のある細胞膜に

錠剤

細胞膜の材料

人体の細胞は、細胞膜で包まれているのですが、これはオメガ3とオメガ6という脂肪酸でできています。しかしどちらの脂肪酸も、人間は体内で合成することができません。そのため食事で摂取する必要があるのですが、オメガ3は青魚に、オメガ6は植物油に多く含まれています。つまり青魚や、サラダ油を使う炒め物や揚げ物を食べていれば、どちらも摂取できるということです。ところが昨今では、食文化の欧米化から、青魚よりも炒め物や揚げ物を多く食べる人が増えてきています。オメガ3の摂取量が少なかったり、オメガ6の摂取量が多かったりすると、細胞膜は硬くなってしまいます。すると細胞膜の柔軟性が失われることから、細胞の働きが悪くなり、体が衰えていきます。そのため多くの人が、細胞膜を良い状態で保つために、オメガ3を積極的に摂取しています。

サプリメントのメリット

オメガ3の1日の摂取量の目安は、約2gとされています。これは、イワシやアジなどの小ぶりな青魚の場合は1日に2匹、サンマの場合は1匹、サバの場合は半身を食べることで摂取できます。ただし新鮮な状態で入手し、生のままで食べる必要があります。手間がかかるので、そのため摂取には、サプリメントが使われることもあります。サプリメントなら、まとめて購入できるので、新鮮な青魚を毎日購入する場合と比べると手軽です。さらに、1粒あたりに一定量のオメガ3が含まれているため、不足や過剰摂取の心配がなく、毎日適量を摂取できます。また、青魚で摂取したオメガ3は、酸化によって変質することがあります。しかしサプリメントの場合は酸化対策がおこなわれているので、その分安全に摂取できますし、効果も出やすいのです。こういったメリットから、オメガ3の摂取にサプリメントを利用する人は増えています。

閉経前後に起こる現象

漢方

更年期障害には漢方が効果的です。身体にかかる負担も少ないですし手軽に取り入れることができます。ホットフラッシュなどの身体への影響だけではなく精神的に気分が落ち込んだりイライラが止まらない場合も多いのです。